認知症予防ハンドケアアドバイザー認定講座は、西九州大学 リハビリテーション学部リハビリテーション学科 学科長小浦 誠吾を講師に迎え、認知症についての基礎知識とともに認知症予防にハンドケアが有効であるという最新の研究成果、ケア実践の方法まで、わかりやすく解説するコンパクトな1DAY講座です。

ソフィアフィトセラピーカレッジのハンドケアは、施術者本人にも認知症の予防効果が大いに期待できます。ご自分のためにも大切な方のためにも、ハンドケアトリートメントによる認知症予防の考え方を身に付けましょう。

PCやスマートフォンを使って受講するオンライン講座です
PCやスマートフォンを使って受講するオンライン講座です
超高齢化社会で役立つハンドケアと認知症予防の知識
超高齢化社会で役立つハンドケアと認知症予防の知識

こんな方におすすめです

  • 認知症予防や認知症ケアにおけるハンドケアの効果とその実践について知りたい方
  • 家族や身近な方のケアにハンドケアを取り入れたい方
  • 自分自身も認知症予防に努めたい方

認知症予防ハンドケアアドバイザー認定講座 概要

講座時間

調整中です。募集開始までお待ちください。

講座の内容

認知症予防についての基礎知識と世界の現状、認知症に関わるハンドケアトリートメントの実際について学びます。

  • 認知症予防の基本とハンドケアアドバイザーの役割
  • 一般的な認知症の方への注意事項
  • 「認知症の予防」と健康長寿の考え方の大切さ
  • 認知症の基本情報と認知症の種類別の特徴~覚えて頂きたい省略形の表現~
  • よくわかる日本と世界の認知症の現状と予防の必要性
  • 早期発見の現状と認知症予防の大切さについて
  • 認知症発症の促進因子と防御因子となる事項
  • 認知症の種類別の理解とわかりやすい区別・比較
  • ハンドケアトリートメントとコラボできる福祉的認知症者の介護技術の紹介
  • 認知症の予防を念頭においたハンドケアトリートメント実践時の視点
  • 認知症ステージ別のハンドケアトリートメントおよびフィトセラピーの適用範囲
  • 認知症予防技術をご家族などに実践することになったら
オンライン

Zoomミーティングを使ったオンライン講座です。

テキストはPDFなどで共有します。

→詳しくはこちら

取得できる
技術・スキル

講座終了後、一般社団法人日本フィトセラピー協会、一般社団法人日本ハンドケア協会よりお名前入りの認定証を送付します。

※さらに学びを深めたい方は、「認知症予防ハンドケアセラピスト認定コース」(全4回 教室への来校あり)の受講をおすすめします。なお本講座は、「認知症予防ハンドケアセラピスト認定コース」の1回目に該当します。

対象者

ハンドケアセラピスト認定講座の修了者

受講料

一般:税込¥26,950-(税抜¥24,500-)
協会員:税込¥24,750-(税抜¥22,500-)

講師

講師からのメッセージ

施術者本人にも認知症の予防効果が期待できます

西九州大学 リハビリテーション学部リハビリテーション学科 学科長の小浦誠吾です。

認知症はできればかかりたくない疾患のひとつで、また明確な診断が困難とされていますが、発症の前には何らかのサインがあると言われています。

対象の方と正面に座りながら進めていくソフィアのハンドケアトリートメントは、コミュニケーションをとりやすく、こうしたわずかなサインに気付きやすいというメリットがあります。

また、「やさしく触れるケア」で認知症の攻撃的な行動の70%が軽減できることがアメリカと日本の研究者によって報告されています。

施術者本人にも認知症の予防効果が期待できるので、ご自分のためにも大切な方のためにも、ハンドケアトリートメントによる認知症予防の考え方を身に付けましょう。

→小浦誠吾先生の講師紹介はこちら

受講者の声

  • 祖母世代が若年性認知症を発症し、母が大変な思いをしていたので、認知症介護に対して非常にネガティブなイメージを持っていましたし、私自身も認知症になりたくないと思っています。この講座を受けたことで、「なんとなくイヤだな」「怖いな」と思っていた認知症のメカニズムと、なにをしたら良いか、ハンドケアがどのように有効なのかを理解することが出来ました。今から予防、頑張ります!

    (Fさま アルバイト 30代 )