ハンドケアは、
心と心を通わせる
コミュニケーション

ソフィアフィトセラピーカレッジのハンドケアは、ゆったりとした呼吸を大切に、相手との信頼関係を築きながらやさしく触れるタッチケア。自分のためにも、大切な人のためにも行える癒しの技、心と体が温まり、全身が心地よくなります。それを物語っているのが、ハンドケアセラピスト認定講座を受講された皆さまの笑顔です。1日を通して行うこの講座では、ハンドケアセラピストになるための知識や技術や心がまえを実践的に学びます。開始前はやや緊張が見える皆さまの表情は、夕方になると余計な力が抜けて心が和らぎ、自然と笑顔になっています。

ハンドケアは、いつでもどこでも誰でもできる、最もシンプルな癒しの技です。どうぞご自分にも、大切な人にも、心からの安らぎを届けてください。

ソフィアフィトセラピーカレッジ 校長 池田 明子

(一社)日本フィトセラピー協会、
(一社)日本ハンドケア協会と
2つの協会が認定するハンドケア技術

ハンドケアは、フィトセラピーの力を使い、最もシンプルに人の心と体を癒すことのできるテクニックです。全身ケアに比べ、手軽にケアができるのが大きな特徴です。全身トリートメントを受けることのできない不調和がある方や、苦手な方にもとても喜ばれ、医療や介護の現場でも需要が高まっています。

血液循環が促されることでの脳の活性化、冷えや肩こりの改善はもちろん、手と手が触れ合うスキンシップとして、「愛情ホルモン」「幸せホルモン」などと呼ばれるオキシトシンの分泌を高めます。そのハンドケアのスキルで、人の心や体を癒やし、自然治癒力を高めるサポートをするのがハンドケアセラピストです。

ソフィアのハンドケアの技術は、大学や福祉専門学校などのカリキュラムにも取り入れられています。医療や介護に役立つスキルが欲しい、家族やパートナーの心と体を癒したい、友人を励まし力になりたい、そんな思いを、ハンドケアセラピストになって叶えてみませんか。ハンドケアセラピスト認定後に「ハンドケアマイスター認定講座」を受講することで、(一社)日本フィトセラピー協会主催のボランティア活動に参加することもできます。

ページのトップに戻る