ドイツには多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから執筆した「フィジカ」(自然学)では薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされています。

この講座では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを学び、彼女の人となりを知る手がかりになる知識を探求していきましょう。

こんな方におすすめです

  • 修道院に伝わるハーブ処方を生活に役立てたい方
  • 自分の人生を豊かにする、ヒルデガルトの愛に満ちた薬学の知恵を学びたい方
  • マニアックなフィトセラピーの知識を身に着けたい方

ヒルデガルトの植物を学ぶ会 概要

講座時間

19:00~21:00

持ち物


講座の内容

★修道院の薬草箱の処方解説 <関節や筋肉のトラブル>
植物療法はこころの病や婦人科系のトラブルによく用いられますが、関節炎や関節リウマチなどの痛みを伴うからだの病にも活用が可能です。医薬品の消炎鎮痛剤のような副作用が少ないため安心してケアを継続できます。今回の講座では関節や筋肉のトラブルに対する植物療法を解説します。

★ヒルデガルトの植物 ワインと修道院 ブドウ

聖書にはワインが 72 箇所も登場します。最もよく知られているのは、「ワインは人間の心を楽しくする」という一文で、ヒルデガルトも「なぜならワインはその健全な温性と偉大な力で、人間を癒し、楽しくするからです」(病因と治療より) と記しています。中世初期より修道士の手で、ワイン用のブドウが栽培されてきました。ヒルデガルト修道院のあるライン川の丘(ラインガウ地方と呼ばれる)は、日当たりが良く、粘土質の土壌です。ベネデ ィクト会派やシトー会派の修道士、修道女がブドウ畑を開墾し、発酵させ樽に寝かせる技術を培った後、瓶詰めされるようになったのです。 フランスでは多くの赤ワインが作られ、ドイツのこのラインではリースリング種白ワインが盛んです。ヒルデガルトは、ハーブや宝石をワインで処方するレシピを『自然学フィジカ』にたくさん記しています。

★35の美徳と悪徳 脊椎は第 5 頸椎 「神への信頼について」   臆病―神への信頼
ネガティブな感情をポジティブな生き方に変換する良い方法とは!?

この器官は皮膚と触覚器官で、皮膚病、アトピー性、アレルギー性の皮膚炎などです。 「臆病な心と戦う為に、ネガティブな強い力に負けず、臆病、挫折感、敗北感にも打ち勝つ」 と、生き方を転換させ、免疫力を活性させましょう!精神療法は節食療法、冷水で鍛える、ネロリ精油でマッサージ。 宝石はアメジスト(自信を持つために) です。

この講座で扱う
ハーブと精油

ハーブ:ブドウ

受講料

一般/協会員ともに税込¥3,850-(税抜¥3,500-)

軽食付きの回のみ、一般/協会員ともに税込¥5,500-(税抜¥5,500-)

講師

受講者の声

  • 雑誌でヒルデガルトのことを知りました。林先生と豊泉先生のお話が大変興味深く、科学や医学が発達する前の時代の人々の暮らしや、植物と信仰が心の深い部分とつながっていることが理解できました。

    (会社員 30代 Tさま)
  • 長く続いている講座と聞いていたので途中から参加するのは勇気がいりましたが、1回ごとに完結する講座だったので安心でした。夜間の講座なので仕事帰りに通っています。毎年クリスマスの時期に軽食付きの特別な講座が開催されるので、楽しみにしています!

    (公務員 40代 Kさま)

開催地域について

この講座は、自由が丘本校で開催しております。