ドイツには多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから執筆した「フィジカ」(自然学)では薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされています。

この講座では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを学び、彼女の人となりを知る手がかりになる知識を探求していきましょう。

こんな方におすすめです

  • 修道院に伝わるハーブ処方を生活に役立てたい方
  • 自分の人生を豊かにする、ヒルデガルトの愛に満ちた薬学の知恵を学びたい方
  • マニアックなフィトセラピーの知識を身に着けたい方

ヒルデガルトの植物を学ぶ会 概要

講座時間

19:00~21:00

持ち物


講座の内容

★修道院の薬草箱の処方解説 <消化器系のトラブル>
胃腸など消化器はストレスの影響を受けやすい臓器で、ストレスや心配事で胃が痛くなった経験はどなたにもあるはずです。人間は食べたものをエネルギーに変えて生きているため、消化器系がうまく働かないと様々な悪影響を受けます。今回は消化器系へのハーブの処方を解説します。

★ヒルデガルトの植物 ヤロウ

ヒルデガルト医学を現代によみがえらせたのはヘルツカ博士です。ヘルツカ博士はナチスによってディンケル小麦など穀物の栽培が禁じられている中、重度の怪我を負ったロシア人捕虜を治療しなければならず、必要な医薬品がなかったため、ヒルデガルト医学による自然療法を使うことにしました。野生のヤロウの葉・花を手に入れ、それを煮ました。銃創などの治癒の難しい傷や、化膿している傷にそれらを用いたところ、驚いたことに短期間で綺麗に完治しました。ヒルデガルトも「フィジカ」で次のように記しています。 「事故によって負傷したら、傷口を傷用アルコールで洗浄した後、ヤロウを軽く煮て、軽く絞って、まだ温かくてやわらかいうちに、傷に湿布として結びつけます」ヘルツカ博士は、感染した創傷や損傷に効くヒルデガルトの最初の治療薬を再発見し、その驚くべき治癒力によって、彼女が推奨しているものは間違いがなく、効力があることを証明しました。この簡単で説得力のあるレシピから、ヒルデガルト医学の凱旋行進が始まったのです。その後ヘルツカ博士が最初に栽培したのがディンケルで、戦後の栄養補給に役立ちました。

★35の美徳と悪徳
ネガティブな感情をポジティブな生き方に変換する良い方法とは!?

脊椎は第二頚椎。ここの器官は聴覚器官で、耳鳴り、難聴、めまいなどに対応し、宝石は主にジャスパーです。ヒルデガルトは、愛で生きた修道女です。自分の人生を豊かにする、愛に満ちた力強い方法をテキストの中から探っていきたいと思います。

この講座で扱う
ハーブと精油

ハーブ:ヤロウ

受講料

一般/協会員ともに税込¥3,850-(税抜¥3,500-)

毎年12月に実施する回のみ軽食付きのため、一般/協会員ともに税込¥5,500-(税抜¥5,500-)

講師

受講者の声

  • 雑誌でヒルデガルトのことを知りました。林先生と豊泉先生のお話が大変興味深く、科学や医学が発達する前の時代の人々の暮らしや、植物と信仰が心の深い部分とつながっていることが理解できました。

    (会社員 30代 Tさま)
  • 長く続いている講座と聞いていたので途中から参加するのは勇気がいりましたが、1回ごとに完結する講座だったので安心でした。夜間の講座なので仕事帰りに通っています。毎年クリスマスの時期に軽食付きの特別な講座が開催されるので、楽しみにしています!

    (公務員 40代 Kさま)

開催地域について

この講座は、自由が丘本校で開催しております。