Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

ソフィアフィトセラピーカレッジの特長
オープンカレッジ

オープンカレッジ

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

1DAY

ドイツには、多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。多くの人びとに愛されている12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから書き示した「フィシカ」(自然学)。ここには薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされているのです。この会では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを頂き、ヒルデガルトの人となりをご一緒に学んでいきます。

  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ

講座内容

[講座時間] 19:00~21:00

ヒルデガルトの医学概論

話し手 林真一郎

ヒルデガルトの医学を深く学ぶには、どのような病気にどのようなハーブを用いるのかといった具体的な知識とは別に、病気そのものの意味をどう捉えるのか、また時代背景はどうだったのかなどを含めて理解しておくことが必要になります。今回はそうした視点をふまえて、ヒルデガルト医学の医学概論についてお話したいと思います。

★とりあげる植物 「Bertram ジョチュウギク・ローマニー」 「Galgant ガランガル コウリョウキョウ」『ヒルデガルトのハーブ療法』P.39,47

話し手:豊泉真知子
長寿だったヒルデガルトの常食であったディンケル(スペルト小麦)同様に、病人にも健康人に対しても治癒力があり、より健康になると言われるスパイス2種。 ドイツのハーブ園の「ヒルデガルトの薬草コーナー」に必ずある、キク科の白くかわいい花を咲かせるBertramは、薬草として重宝されていました。 ドイツではパウダー状で販売されていて、ヒルデガルトの万能調味料となっています。生命力あふれるスパイスで、繁殖力も良いので日本でも育ちやすいのです。特に消化に良く、病気の予防、病後の体力回復に欠かせません。 また、ガランガルはショウガ科で、やはりパウダー状で売られています。「心臓の万能薬」とヒルデガルトがすすめています。 両方ともヒルデガルトに欠かせないスパイスです。 ワインに入れて、料理に振りかけ、クッキーに。いろいろなことに使える健康スパイスです。

注意事項・持ち物

筆記用具・テキスト『ヒルデガルトのハーブ療法』
※お持ちの方は『ヒルデガルトの宝石療法』もご持参ください。

※告知チラシはこちらからダウンロードしてください。豊泉先生ご推薦の新刊情報も!→チラシをダウンロード

受講料

¥5,400(税込)

  • MORE
  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ