Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

ソフィアフィトセラピーカレッジの特長
オープンカレッジ

オープンカレッジ

ヒルデガルトの植物を学ぶ会

1DAY

ドイツには、多くの地域で薬草園が見られます。その園内には「ヒルデガルトの植物区画」が特別に設けられている所も少なくありません。多くの人びとに愛されている12世紀の修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)が50歳を過ぎてから書き示した「フィシカ」(自然学)。ここには薬草230種、樹木63種の解説がなされ、今に生かされているのです。この会では、ヒルデガルトを通して植物のパワーを頂き、ヒルデガルトの人となりをご一緒に学んでいきます。

  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ

講座内容

[講座時間] 19:00~21:00

ヒルデガルトの気質論とその特徴

話し手 林真一郎

ヒポクラテスの体液病理説でいわれる4つの気質とは血液質・粘液質・黄胆汁質・黒胆汁質を指しますがヒルデガルトの気質論ではそれとは異なり粘液を4つに分類しています。そしてその分類は体つきや性質にとどまらず能力や適職にまで及びます。今回はヒポクラテスとヒルデガルトの気質論を比較してその特徴を解説します。

★とりあげる植物 「Apfelbaum セイヨウリンゴ」 Malus domestica 「Birnbaum セイヨウナシ』 Pirus communis 「Mispel セイヨウカリン』 Mespilus germanica 『ヒルデガルトのハーブ療法』P.53-57

話し手:豊泉真知子
旧約聖書に出てくるキリスト教でのアダムとエヴァが天国から追放されるのは、この楽園の禁断の実を食べてしまったからです。それほど魅惑的だった果実を、ヒルデガルトは、特に蒸したり焼いたりすると強い効果があると書いています。焼きリンゴは手軽にできるので、リンゴの季節におすすめです。果実を生で食べないようにと警告しています。ナシとはちみつを合わせると片頭痛に良いとされます。果実をワインにつけることもおすすめです。特にセイヨウカリンは、健康な人も病人も無条件で食べるよう勧めています。日本で見られるカリンは、マルメロに似ていて形態が違います。

注意事項・持ち物

筆記用具・テキスト『ヒルデガルトのハーブ療法』
※お持ちの方は『ヒルデガルトの宝石療法』もご持参ください。

※告知チラシはこちらからダウンロードしてください。豊泉先生ご推薦の新刊情報も!→チラシをダウンロード

受講料

¥3,780-(税込)

  • MORE
  • 講座申込へ
  • 講座一覧へ