Sophia Phyto-therapy CollegeSophia Phyto-therapy College

ハンドケアは、
心と心を通わせる
コミュニケーション

人と人とのつながりが、デジタル機器の中になり、互いの顔を見ることはおろか、声を聞くことさえも稀になり、文字のやり取りばかりが増えてどれくらいの年月が経つでしょうか。便利な世の中になり快適さを享受できる一方で、私たちは大切なものを失っているように思います。人同士の直接的なつながりが希薄になりがちな中、手と手を触れ合うハンドケアは、心と心を通わせるコミュニケーションの手立てとなります。

ハンドケアは一般的なマッサージとは違い、ゆったりとした呼吸を大切に、相手との信頼関係を築きながらやさしく触れるタッチケア。自分のためにも、大切な人のためにも行える癒しの技で、心と体の両方をすっきりと心地よくしていきます。それを物語っているのが、ハンドケアセラピスト認定講座を受講された皆さまの笑顔です。1日を通して行うこの講座では、ハンドケアセラピストになるための知識や技術や心がまえを実践的に学びます。開始前はやや緊張が見える皆さまの表情は、夕方になると余計な力が抜けて心が和らぎ、自然と笑顔になっています。

皮膚へのやさしい刺激は神経作用やホルモンの分泌を促し、血液やリンパの流れをよくし、冷えやコリが改善され、脳も活性化します。その効果がいま、認知症や乳がんケアの分野を中心に、専門家によって研究が行われています。漠然とではあるものの確信していた、ハンドケアが心と体に及ぼすはたらきに医学的な裏付けが得られつつあることは大きな喜びです。このような発展は、ハンドケアに共鳴された大勢の方々の力によって引き起こされたものと感じています。

ハンドケアは、いつでもどこでも誰でもできる、最もシンプルな癒しの技です。どうぞご自分にも、大切な人にも、心からの安らぎを届けてください。

ソフィアフィトセラピーカレッジ 校長
池田 明子

ハンドケアってどういうもの?

  • Q.1 マッサージやツボ押しとは違うのですか?
  • やさしくふれて心と体を癒すタッチケアです。
  • ソフィアのハンドケアは、神経や筋肉からのアプローチ、経絡・経穴(ツボ)といった東洋医学の視点も取り入れていますが、強い力を伴わない、やさしく触れるタッチケア。手と手を触れ合うことにより、心に生まれる安らぎや心地よさをベースに、身体的・心理的な癒しの効果を導き出すというものです。そして、ハンドケアを受けた側ばかりではなく、施術をした側も安らぎ感を得られるところが大きな特徴です。
  • Q.2 誰にでもできますか?
  • 大人にも子供にも、自分自身へも行えます。
  • ハンドケアは大人から子供まですべての人に行えます。大切な誰かのため、そして自分自身の心と体を癒すセルフケアも行えます。日頃がんばっている自分に向けて、お疲れさま、大丈夫、ありがとうの気持ちを込めて触れてみましょう。安心感と自己肯定感を高められます。
  • Q.3 必要な道具はありますか?
  • 必ず揃えるべきものはありません。
  • ハンドケアに必要な道具は、手。日頃無意識に使っていて、様々なことを読み取れる優れた感覚器である手だけです。触れたとき、手の滑りを良くするために、植物由来のアロマトリートメントオイルを使うとより効果的です。だから、いつでも、どんな場所でも、どなたにでも行えます。
  • Q.4 ココロへの作用とはどんなものですか?
  • 手を通じて相手の心を温め、安らぎをもたらします。
  • ハンドケアセラピストが最も大切にしていることは、手を通じて相手の心を包み込むこと。手を包み込むという動作には、相手を受け入れるという意味が込められています。たとえ短い時間でも相手と心を通わせたいという気持ちで接することで、ハンドケアをされる側は自分が相手に受け入れられていると感じ、安心感や自己肯定感を高められます。心と体が緩むと、気持ちは落ち着き、前向きになります。脳の血流も良くなって頭がすっきりとしてくるため、やる気も出てきます。こうしてストレスの初期症状を和らげることができます。
  • Q.5 カラダにはどんな良いことがありますか?
  • 緊張から緩和へ、自律神経のバランスを整え、全身に作用します。
  • 皮膚への刺激は血液やリンパの流れを促し、体をあたためて、むくみの改善などが期待できます。代謝が良くなることで、老廃物や余分な水分の回収を助け、肌のターンオーバーも促します。体内の循環機能が高まることで、筋肉や腱、靭帯などに酸素や栄養素を行き渡らせ、関節の動きを良くしたり、疲れや痛みを緩和したりという効果もあります。手への優しい刺激は副交感神経にはたらきかけ、リラックス状態に導き、快感や幸福感を感じるホルモンの分泌を促します。全身が緊張状態から解き放たれ、自律神経のバランスを整えられます。
  • Q.6 ハンドケアを習いたいのですが、どうすればいいですか?
  • ( 一社)日本フィトセラピー協会認定校なら1日で学んで認定を取得できます。
  • 当協会認定校による講座は、東京・大阪を拠点に全国で開催しています。まずはハンドケアの基礎と実践を学び、ホームセラピストになれる「ハンドケアセラピスト認定講座」の受講をおすすめします。協会認定のインストラクターが1 日かけてじっくり指導。少人数制のフレンドリーな講座でリラックスしながら学べます。さらに学びを深めたい方向けのステップアップ講座、受講後の復習や技術確認をしたい方向けのスキルアップレッスンもございます。詳しい内容とお申し込み方法はWebページでご案内しています。
  • Q.7 手や肘にまひや拘縮がある高齢者もケアできますか?
  • 高齢者の心身の特性に応じた施術法もお伝えしています。
  • ハンドケアをすると血液循環が促されるので、脳を活性化したり、筋肉のこわばりを和らげたりすることが可能です。強く刺激しない、優しく触れるタッチケアですが、手などにまひや拘縮が出ておられる場合は状態に応じて配慮をします。ハンドケアインストラクター認定講座のステップアップ講座である「ハンドケアマイスター認定講座」では、そうした場合の対応方法など、介護や福祉の現場でも活かせる施術方法をお伝えしています。
  • Q.8 ハンドケアの効果にはどのような裏付けがあるのでしょうか?
  • 優しく触れるタッチケアの効果は、国内外で報告があります。
  • ハンドケアと同様の優しく触れるケアで、認知症の攻撃的な行動の70% が軽減されることがアメリカと日本の研究者によって報告されています(* 1)。また、スキンシップは脳内で神経伝達物質として働く「オキシトシン」を活性化させる一方、ストレスホルモンの分泌を抑制し、精神の安定に関わるセロトニン神経を活性化させます(* 2)。ソフィアカレッジでは医療や介護、認知症ケアの専門家によるメディカル部を設置。ハンドケアの手技を用いることによる、認知症の予防や抗がん剤による副作用の改善、看取りや看護現場での有効性などに対して研究を行っています。研究の経過報告や発表は随時Webページ等でお伝えしています。

    ※1 Woods, D. L., & Beck, C. & Sinha, K. (2009) The effect of therapeutic touch on behavioral symptoms and glucocorticoids in persons with dementia. Forschende Komplementarmedizin: Research in Complementary Medicine, 16(3), 181 - 189.
    詳細はこちら 他 大学のキャンパスプレニュー多数
    浜松医科大学 鈴木みずえ 「認知症の介護に役立つハンドセラピー 背中・手・足にやさしく触れるだけで表情・行動が変わる」 出版社: 池田書店 ISBNコード:9784262123578
    詳細はこちら
    ※2 有田秀穂 スキンシップと団欒はオキシトシンを介してストレスを解消させる (Activation of Brain Oxytocin by Social Attachment and Grooming Behaviors Induce Stress Reduction through Inhibition of HPA Axis) Journal of International Society of Life Information Science(国際生命情報科学会) 33(1) 96.2015.
    井村真澄 タッチケアとその実際 (4) ふれあいとオキシトシン チャイルドヘルス 17(11): 760-762, 2014.(添付資料)

ハンドケアを科学する
〜ソフィアメディカル部より〜

ハンドケアセラピーの医学的エビデンス(根拠)を⽰すための研究活動を⾏う「ソフィア メディカル部」。⻄九州⼤学 浦誠吾教授、昭和⼤学 佐々⽊晶⼦講師、梅⽥病院 ⽣澤由美⼦看護師らが、(⼀社)⽇本フィトセラピー協会と(⼀社)本ハンドケア協会認定ハンドケアセラピストおよびハンドケアマイスターの⼿技を⽤いて、認知症予防、抗がん剤による副作⽤の改善、看取りや看護現場での有効性などに対しての研究を⾏っています。

  • 小浦 誠吾
  • プロフィール
    ⻄九州⼤学リハビリテーション学部⻑として、福祉や介護の学術的分野の第⼀線で活動。認知症の介護園芸療法やフィトセラピー(植物療法)の基礎的研究を⾏う、JHTA ⽇本園芸療法学会 専⾨認定登録園芸療法⼠。ハンドケアやアロマトリートメントなどのタッチケア、フィトセラピーや園芸療法などの⾃然療法を認知症ケアに取り⼊れる試みなど、先進的な論⽂を発表。
  • コラムタイトル
    真のコミュニケーションを築けるハンドケアは認知症ケアに光明をもたらします。
  • コラムを読む >
  • 佐々木 晶子
  • プロフィール
    昭和⼤学医学部 薬理学講座において、医科薬理学部⾨講師を務める。
    公益社団法⼈⽇ 本薬理学会学術評議員。医学博⼠
  • コラムタイトル
    抗がん剤による副作用の改善に、
    ハンドケアの有効性を研究中です
  • コラムを読む >
  • 生澤 由美子
  • プロフィール
    看護師として医療法⼈財団梅⽥病院に勤務。
    ⽇本リウマチ財団登録リウマチケア看護師/⽇本糖尿病療養指導⼠。
  • コラムタイトル
    ⽣活習慣病患者様の不安や
    痛みの緩和に役⽴てています。
  • コラムを読む >
  • 佐佐木 景子
  • プロフィール
    ソフィアフィトセラピーカレッジ主任講師。⼀般社団法⼈⽇ 本フィトセラピー協会理事、⼀般社団法⼈⽇ 本ハンドケア協会副理事⻑。⻄九州⼤学客員教授。⼈間総合科学⼤学⾮常勤講師。アロマセラピスト。リフレクソロジスト。医療機関での15 年間におよぶホリスティックアロマケアの経験をもとに、看護や介護の現場での「てあてのケア」の普及活動を⾏っている。
  • コラムタイトル
    ふれあうことで⽣まれる⼼のゆとりは、 多様な⽣き⽅を受け⼊れる⼀歩になる。
  • コラムを読む >

ハンドケアを活かす 〜ハンドケアの現場〜

〜医療・介護・福祉・イベント・講座開設〜
各種イベント、教育現場、高齢者施設など、ハンドケアはさまざまなシーンで活用されています。

ボランティア、
カルチャーイベントで活かす

  • あべのハルカス近鉄本店「縁活(えんかつ)」で、癒しのハンドケアを提供しています。
  • 「縁活」は、大阪あべのハルカス近鉄本店のコミュニティスペースで、市民団体やボランティアによって行われている参加体験型のプログラム。様々なワークショップやセミナー、展示などで日々賑わっています。こちらへ、関西エリア在住のハンドケアインストラクターのグループ「ハンドケア to heart 〜手から心へ」の皆さんが参加され、大勢の方々にハンドケアを行い、好評いただいています。
  • 国内最大級の福祉関連イベント「アメニティフォーラム」へ参加。
  • イベント障害がハンディにならない社会の実現に向けて、全国的なネットワーク作りを目的に、毎年滋賀県大津市で行われているイベントです。全国から集まる参加者は1,500人を数え、福祉関連のイベントとしては国内最大級。(一社)日本ハンドケア協会では、2015年からこのイベントに参加し、無料のハンドケアマッサージコーナーを出展しています。

講座開催、スクーリングで活かす

  • 「メディセオ総合医療フェア」でハンドケアを実施。
  • 医療関係者の皆様など450名に体験いただきました。医療用医薬品・医療機器等を扱う株式会社メディセオ主催の「メディセオ総合医療フェア」は、医療従事者をはじめ関連職の方々が集う全国規模の展示会です。(一社)日本ハンドケア協会は、主催者様からご依頼いただき、本イベントにハンドケアブースを出展。2日間に渡って総勢450名の方々に、ハンドケアを体験いただきました。医療の現場でも、ケアする人もされる人も癒される、ハンドケアの認知・普及につながる機会となりました。
  • 日本福祉教育専門学校のパートナーとして、学生向け特別講座を開講。
  • 学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校様では、多様な専門性をそなえた介護福祉士を養成する教育プログラムを実施されています。(一社)日本ハンドケア協会直営校 ソフィアフィトセラピーカレッジは、敬心学園様のパートナーとして、セラピー分野での教育に関わらせていただいています。コース選択された学生の皆様が、フィトセラピー(植物療法)の知識と活用法、高齢者ケアとして植物の恵みを取り入れたハンドケア、フットケアなどを学ばれています。当協会では、明るい未来の介護を目指しておられる、日本福祉教育専門学校様および学生の皆様を応援しています。
  • 特別養護老人ホーム「やすらぎの家」で、50名のハンドケアセラピストが誕生。
  • 東京都青梅市の特養「やすらぎの家」では、介護職の皆様50名がハンドケアセラピスト認定を取得されました。(一社)日本ハンドケア協会が同施設を訪問し、講義と手技指導を実施。ご入居者とのふれあいやコミュニケーションに、ご自身や仲間同士のリラクゼーションに、ハンドケアが活かされています。安眠や認知症予防にも役立ち、様々な可能性のあるハンドケア。当協会では高齢者施設でのハンドケアボランティアを行っていますが、「ケアする人のためのケア」にも力を入れています。
  • 山本 真琴
  • プロフィール
    認定教室fructus*makomoko主催/ハンドケアマイスターインストラクター/ハンドケアインストラクター/フィトセラピーインストラクター
  • コラムタイトル
    “ハンドケアボランティアの醍醐味とは”
  • コラムを読む >
  • 高田 眞紀
  • プロフィール
    ソフィアフィトセラピーカレッジ専任講師/ハンドケアマイスターインストラクター/ハンドケアインストラクター/認知症予防ハンドケアアドバイザー
  • コラムタイトル
    “手から手へ、人から人へ、喜びを伝えたい”
  • コラムを読む >
  • 柳田 裕子
  • プロフィール
    ハンドケアインストラクター
  • コラムタイトル
    “手へのタッチは、癒しと温もりを伝えてくれる”
  • コラムを読む >
  • 友田 優子
  • プロフィール
    ソフィアフィトセラピーカレッジ専属講師/フィトセラピーインストラクター/ハンドケアインストラクター
  • コラムタイトル
    “世界平和も夢じゃない。ハンドケアは幸福感を生む癒しの技”
  • コラムを読む >
  • 角田 りか
  • コラムタイトル
    “ある日のハンドケアセラピスト、ある日の情景。”
  • コラムを読む >
  • 相坂 清美
  • コラムタイトル
    “ハンドケアは人の心を動かす。素敵なエピソードがいっぱいです。”
  • コラムを読む >
  • 柿澤 和江
  • コラムタイトル
    “ハンドケアで心と心のふれあいに出会うたび、
    明日もまた頑張る元気が湧いてきます。”
  • コラムを読む >
  • 中尾 和子
  • コラムタイトル
    “言葉にできない思いを伝えるハンドケア”
     
  • コラムを読む >

本カレッジの講座は、受講者の興味やライフスタイルに合わせて、気軽に受講できる1DAY講座もご用意しています。受講内容に応じて認定が取得できる講座があります。

ソフィアのハンドケア講座は、それぞれの講座及びコースを修了することで(一社)日本フィトセラピー協会認定および(一社)日本ハンドケア協会の各種認定を取得することができます。それぞれ上位講座を受講するためには、事前に指定の講座を修了する必要があります。